似顔絵の注文のポイント

満足のいく作品を作るときには自分のイメージを上手に伝えることが大きなポイントです。
もちろんお任せで作っても素敵な作品に仕上げてくれると思いますが、もし自分なりに具体的なイメージがあればそれをしっかりと伝えましょう。

ポイント1:服装やポーズ、雰囲気

いろいろなサンプル似顔絵を見ていくと「これいいな」と思う似顔絵があると思います。そのような似顔絵のポーズや雰囲気をできる限り具体的に伝えるようにしましょう。
もし見本となるような似顔絵作品があれば、「この作品のような雰囲気で描いてほしい」というように、作品を実際に添付したりURLを伝えたりするのも、似顔絵師がイメージしやすくていいと思います。

ポイント2:はっきりとした写真を

参考にしてもらう写真の内容によっても似顔絵の出来は大きく変わってきます。ちょっとピンボケしていたり、顔が斜め向いていたりすると正確な輪郭等を把握するのが難しくなりますので、正面からはっきり写っている写真がベストです。
似顔絵師は写真でしか参考にするものはないため、正面からの写真でも複数枚あるほうがより正確に似顔絵を描きやすくなります。

ポイント3:修正も具体的に

似顔絵の下絵を確認できる通販サイトでは、下絵段階ならまだ修正が可能です。通販サイトによって修正2回まで無料などの無料サービスがついていますので、その部分もしっかりと把握しておきましょう。
もし下絵を確認して、この部分をちょっと修正してほしいなと思ったら、できる限り具体的に指示しましょう。どの部分をどのように修正した欲しいか具体的に伝えるほど、似顔絵師も修正をしやすいです。

ただ「もっと似せてほしい」「もっと可愛く」という注文ですと、似顔絵師もどこを修正すればお客様の要望に応えられるか困ってしまいますので、具体的に伝えるほうがイメージに近い作品に出来上がりやすいです。

このページの先頭へ